契約書・法的文書の作成

村尾司法書士事務所では、債務整理問題、不動産・相続登記、商業登記、遺言作成・相続放棄のほか、各種契約書や法的文書の作成などのご相談も承っています。

契約書の作成(示談書・合意書・覚書・念書)

契約は当事者間の口頭による合意(いわゆる口約束)でも成立します。しかし、ビジネスを行ったり、商品の売買を行ったりする場合には、後日のトラブル回避のためにも、しっかりとした内容の契約書を取り交わす必要があります。万が一、トラブルが起こってしまった場合にも、契約書の内容が重要な証拠となります。
また、契約書といえば、商品の売買に必要となる売買契約書が真っ先に思い浮かびますが、実際のところ、契約書には実にさまざまなものがあります。業務委託契約書、労働契約書、製造委託契約書、秘密保持契約書、土地使用貸借契約書...数えあげるとキリがありません。村尾司法書士事務所では、あらゆる契約書・法的文書の作成が可能ですので、何らかの書面作成が必要となった場合は、お気軽にご相談ください。

契約書作成の3大メリット

  1. 当事者間で合意した内容が明確になるため、認識の相違や誤発注といったトラブルの発生を未然に防止することができます。
  2. 当事者間での契約や取引の重要性をより強く意識することができ、契約内容の履行に向けた行動を起こしやすくなります。契約違反時のペナルティを設けておくと、より効果が強くなるでしょう。
  3. 契約に関する何らかのトラブルが発生した場合、契約書の記載内容が有力な証拠となります。さらに、相手方に過失があった場合には、契約内容の履行を強制しやすくなります。

お客さまから丁寧にお話をお伺いしたのち、さまざまな事柄を考慮して、ビジネスをたしかに支えるために最適な契約書を作成します。契約書の作成だけでなく、過去に取り交わした契約書や、取引先などから受け取った契約書に問題がないかなどのお悩みについても、可能な限りのサポートをお約束します。

ページのトップへ