遺言作成とは

残念なことですが、人は誰でも、やがて亡くなります。人が亡くなると、誰であっても「相続」に関する問題が発生する可能性があります。基本的には「誰が、どのくらい相続するのか」といったことは、民法によって定められています。しかし、その民放の定めが、必ずしも亡くなった方の意思に沿うものであるとは限りません。例えば、喧嘩別れして音信不通の子供も、最期まで介護をしてくれた子供も法定相続分としては同じ割合になります。このように、それぞれ個人によって具体的な事情は異なるため、相続問題は複雑なものとなってしまい、近親者の間での紛争が発生したり、その紛争が長期化したりすることになるのです。

そのような事態を招かないために、生前からしっかりと後々のトラブルを回避するための準備をしておくことが必要です。死後のトラブル回避のために、生前にできる最善の方法が「遺言作成」です。遺言作成とは、文字通り「遺言を作る」ことにほかなりません。

遺言は、自分の死後についての意思を表すために書き記すもの。その遺言の中に、財産についての記載を入れておくことで、近親者の間でのトラブルなどを防ぐことができるのです。ただし、遺言の中で定められる事柄については、「遺言事項」として法律に定められています。また、遺言の書き方を間違えたり、曖昧な書き方をすると、余計な紛争を引き起こす原因となることもあります。したがって、将来に禍根を残さないためにも、法律の専門家である司法書士に作成のサポートをご依頼いただくことをおすすめします。

ページのトップへ